スポンサーリンク

コスモエネルギーグループ

 

コスモエネルギーグループ

 

コスモエネルギーホールディングス、コスモエネルギー開発、コスモ石油、コスモ石油マーケティングの4社が合同で採用活動を行っている。

持ち株会社のコスモエネルギーホールディングス以外は有価証券報告書を出していないため、本ページでは分かる範囲で情報を掲載する。

 

 

【事業系統図】

※.コスモエネルギーホールディングスの2018年3月期有価証券報告書から抜粋。


 

【業界地位】

コスモエネルギーホールディングスは、国内の石油元売業界3位(2017年、売上高ベース)。


【平均年間給与】

持ち株会社を除きコスモエネルギーグループ各社は有価証券報告書を出していないが、就職四季報総合版2019年によれば、コスモエネルギーグループ総合職の平均年間給与は939万円。

(内訳は、コスモエネルギーホールディングス、コスモエネルギー開発、コスモ石油、コスモ石油マーケティングの4社。)


【平均勤続年数】

就職四季報総合版2019年によれば、コスモエネルギーグループの平均年齢は41.6歳、平均勤続年数は19.8年。


 

【新卒採用職種・コース】

グループ採用を行っており、職種によって配属も変わる。

全4職種(2019年卒時点)。

 

①事務系基幹職

ホールセール、リテールマーケティング、ブランド開発、物流管理、トレーディング、用船、石油製品輸出入。

勤務地は国内および海外。

(属する企業:コスモ石油、コスモ石油マーケティング)

 

②技術系基幹職

原油マーケティング調査、品質分析、供給計画、装置の効率化、保守改善、触媒等研究開発。

勤務地は国内および海外。

(属する企業:コスモエネルギー開発、コスモ石油)

 

③石油開発系基幹職

物理探査、地質調査、油層評価、採掘。

勤務地は国内および海外。

(属する企業:コスモエネルギー開発)

 

④プラントオペレーター(技能職)

製造装置の運転。

勤務地は千葉製油所、四日市製油所、堺製油所のいずれか限定。

(属する企業:コスモ石油)


 

【事業別・部門別情報】

コスモエネルギーホールディングス(グループ)の報告セグメントは次の3つ。

 

①石油事業

揮発油・ナフサ・灯油・軽油・重油・原油・潤滑油・液化石油ガス・アスファルト等の生産及び販売。

 

②石油化学事業

エチレン・ミックスキシレン・パラキシレン・ベンゼン・トルエン・石油化学溶剤等の石油化学製品の生産及び販売。

 

③石油開発事業

原油の開発、生産及び販売。

 

工事業、保険代理店業、リース業、旅行業、風力発電業等は「その他」に含まれる。

 

コスモエネルギーホールディングスの事業別売上高(単位:百万円)
2013年2014年2015年2016年2017年2018年
石油事業3,091,7393,419,4902,943,9332,177,0771,918,5272,076,816
石油化学事業12,45821,31420,83920,222328,183404,221
石油開発事業37,53172,34346,10922,66121,89918,900
その他24,96124,63424,93624,34523,67023,166


※.コスモエネルギーホールディングスの2013~2018年3月期有価証券報告書から作成。


【地域別情報】

コスモエネルギーホールディングスの地域別売上高(単位:百万円)
2013年2014年2015年2016年2017年2018年
日本2,784,5463,102,1052,653,9822,002,2602,026,5742,256,895
アジア175,222199,316137,210101,854140,196131,364
その他206,920236,361244,625140,192125,509134,846


※.コスモエネルギーホールディングスの2013~2018年3月期有価証券報告書から作成。


参照サイト:https://ceh.cosmo-oil.co.jp/ir/index.html

引用文献:就職四季報総合版

タイトルとURLをコピーしました