スポンサーリンク

ニプロ

 

ニプロ

 

【事業系統図】

※.ニプロの2018年3月期有価証券報告書から抜粋。


【業界地位】

国内の医療機器業界3位。

(2018年、売上高ベース)


【売上高及び当期純利益】

売上高(百万円) 当期純利益(百万円) 参照資料
2014年03月 300,752 2,861
2015年03月 325,084 12,470
2016年03月 366,650 19,718
2017年03月 359,699 11,346
2018年03月 395,397 11,829

【従業員情報】

平均年間給与(千円) 平均勤続年数(年) 平均年齢(歳) 参照資料
2014年03月 5,386 13.1 38.1
2015年03月 6,015 13.1 38.2
2016年03月 5,396 12.3 37.9
2017年03月 5,707 12.3 37.9
2018年03月 6,006 12.4 40.2


 

【新卒採用職種・コース】

全4部門。

うち営業部門は4職種、研究・開発部門は2職種、管理部門は6職種に分かれている。

(2019年卒時点)

 

①営業部門

MR(総合職・準総合職)

医療機器・医薬品の営業、医療現場における情報収集、市場ニーズの把握などに携わる。

 

ME・SE(総合職・準総合職)

透析関連装置ほか各種医療装置の設置、メンテナンス、アフターフォローなどに携わる

 

国際営業(総合職)

医療機器・医薬品の海外向け営業、世界の医療現場における情報収集、市場ニーズの把握などに携わる。

 

国内営業(総合職・準総合職)

製薬会社に対する医療機器・医療用ゴム製品などの営業、受託製造プロジェクト提案。

医療用ガラス(アンプル、バイアル)、照明用ガラス、魔法瓶内瓶ほか特殊ガラス製品の営業などに携わる。

 

②研究・開発部門

医療機器の研究・開発(総合職)

医療機器の研究・開発、医療機器と医薬品を一体化させたキット製品の研究・開発、再生医療に関する研究・開発、体外診断薬の研究・開発、自動生産ラインの設計・開発/新規生産技術の研究・開発などに携わる。

 

医薬品の研究・開発(総合職)

医薬品の申請、医薬品の臨床試験(治験)、新薬の探索研究、新剤型の開発研究、製剤技術の基盤研究などに携わる。

 

③管理部門

知的財産(総合職・一般職)

特許・意匠の出願業務(和文、英文)、特許調査、特許問題処理業務などに携わる。

 

人事・総務・広報・法務(総合職・一般職)

グループ全体の運営・管理業務、グループ全体の人事に関わる業務などに携わる。

 

経理・企画管理(総合職・一般職)

グループ全体の財務管理、会計などの経理業務、グループ全体の予算管理などに携わる。

 

情報システム(総合職・一般職)

コンピュータシステムの開発、運用、保守、情報通信ネットワークの管理などに携わる。

 

品質統括(総合職・一般職)

製品の品質保証業務、安全管理業務の総括管理、ISO9001/13485品質システムの維持管理、薬事許認可申請、公的機関、行政当局による監査への対応、業界対応、製造元/製品購入先に対する監査、製造販売後の安全性情報の管理などに携わる。

 

貿易事務(一般職)

海外顧客、海外販社からの問い合わせ対応、営業補助、伝票処理、船積業務などに携わる。

 

④生産部門

生産技術・品質保証(総合職・一般職)

各種生産技術の開発、医療機器・医薬品の製造管理・品質管理などに携わる。

 


【事業別・部門別情報】

ニプロの事業・部門は次の4つ。

 

①医療関連

注射・輸液関連、人工臓器関連、高機能関連、透析関連に伴う医療機器ならびに糖尿病関連、ジェネリック関連、キット製剤関連に伴う医薬品を販売。
 

②医薬関連

キット製剤用容器の販売およびキット製剤用容器に伴う製薬会社からの医薬品の受託販売。

 

③ファーマパッケージング

医療用硝子としての管瓶用硝子およびアンプル用硝子、硝子器材としての魔法瓶硝子および照明用硝子を販売。

 

④その他

不動産賃貸事業など。

 

ニプロの事業別売上高(単位:百万円)
2013年2014年2015年2016年2017年2018年
医療関連-221,362237,777272,167262,198300,117
医薬関連66,21251,50757,37262,26669,14066,846
ファーマパッケージング-27,61029,83032,18428,33128,404
その他234271104322929


※1.ニプロの2013~2018年3月期有価証券報告書から作成。

※2.ニプロは2015年3月期有価証券報告書にセグメント内容を変更しており、従来まで「医療関連」に含まれていた事業の一部が「ファーマパッケージング(硝子関連)」に組み替えられている。そのため、両セグメントの2013年の値は「-」としている。


【地域別情報】

ニプロの地域別売上高(単位:百万円)
2013年2014年2015年2016年2017年2018年
日本138,961174,860182,148203,461221,331241,750
アメリカ46,31156,88762,66172,41653,23956,704
ヨーロッパ32,37240,43442,87446,15642,57946,389
アジア23,37528,57037,39944,61542,54850,553


※.ニプロの2013~2018年3月期有価証券報告書から作成。


参照サイト:https://www.nipro.co.jp/ir/

タイトルとURLをコピーしました