スポンサーリンク

東京電力ホールディングス

 

東京電力ホールディングス

 

東京電力ホールディングスで一括採用され、入社後はホールディングスまたは傘下企業3社(東京電力フュエル&パワー、東京電力パワーグリッド、東京電力エネジーパートナー)に配属される。

本ページでは、一括採用を行う東京電力ホールディングスの情報を掲載するが、傘下企業の平均年間給与や平均勤続年数はまた別であることに注意。

傘下企業の情報は、確認出来る範囲で掲載する。

 

 

【事業系統図】

※.東京電力ホールディングスの2018年3月期有価証券報告書から抜粋。


【業界地位】

国内の電力業界1位。

(2018年、売上高・販売電力量ベース)


【売上高及び当期純利益】

売上高(百万円) 当期純利益(百万円) 参照資料
2014年03月 6,631,422 438,647
2015年03月 6,802,464 451,552
2016年03月 6,069,928 140,783
2017年03月 5,357,734 132,810
2018年03月 5,850,939 318,077

【従業員情報】

平均年間給与(円) 平均勤続年数(年) 平均年齢(歳) 参照資料
2014年03月 6,844,252 22.6 42.5
2015年03月 7,092,641 22.7 42.6
2016年03月 7,330,408 23.0 43.3
2017年03月 8,221,552 23.2 44.7
2018年03月 8,020,850 23.5 44.9


【新卒採用職種】

全2コース。

(2019年卒時点)

事務・技術系は、下記の他、法人・家庭向け営業、ガス事業、経営企画、システム、広報、海外事業、一般管理などに携わる可能性もある。

 

①事務系

燃料、パワーグリッドサービス、用地、サービスソリューションなどに携わる。

 

②技術系

原子力・火力・水力発電、土木、建築、変電、配電、電子通信などに携わる。


【事業別・部門別情報】

東京電力ホールディングスの事業報告セグメントは次の4つ。

 

①東京電力ホールディングス

経営サポート、基幹事業会社(フュエル&パワー、パワーグリッド、エナジーパートナー)への共通サービスの効率的な提供、水力発電による電力の販売、原子力発電など。

 

②東京電力フュエル&パワー

火力発電による電力の販売、燃料の調達、火力電源の開発、燃料事業への投資など。

 

③東京電力パワーグリッド

送電、変電、配電による電力の供給、送配電・通信設備の建設・保守、設備土地・建築物等の調査・取得・保全など。

 

④東京電力エナジーパートナー

顧客へのトータルソリューション提案、サービス提供、電源調達など。

 

東京電力ホールディングスの事業別売上高(単位:百万円)
2013年2014年2015年2016年2017年2018年
東京電力 ホールディングス108,12078,39847,56254,34968,11361,533
フュエル&パワー31,034110,197110,59057,52627,19326,093
パワーグリッド79,814107,272120,810181,334293,877388,230
エナジーパートナー5,550,4926,335,5536,523,5015,776,7184,968,5495,375,082


※1.東京電力ホールディングスの2013~2018年3月期有価証券報告書から作成。

※2.東京電力ホールディングスは2017年3月期に報告セグメントの名称を変更しているが、内容に変更は無い。


【地域別情報】

地域別売上高の情報は無し。

東京電力ホールディングスは売上高の90%以上を国内で稼いでいるため。


参照サイト:http://www.tepco.co.jp/about/ir/library/

タイトルとURLをコピーしました